Blog

2019.06.08

食中毒の分類

皆さんこんにちは シェフです。

前回に続いて今回も食中毒の話です。
最近すごく暑いので、お弁当を持って仕事に行く人は、
本当に気を付けてください。

食中毒は、大きく分けると5つの原因があります。

①細菌性   ②ウイルス   ③自然毒   ④化学物質   ⑤その他(寄生虫など)

最近のデータをみると
ウイルス性が一番多く、続いて細菌性ですね。
次に自然毒で、その他のものは、あまり発生していません。

一番多いウイルス性は、ノロウイルスです。
このウイルスはとにかく小さくて、
しかも少ない数の感染でも食中毒になります。
ノロウイルスの大きさは、25~35ナノメートル

と言われても全くピンとこないですよね。
砕いて言うと、
タバコの煙の粒子より小さいくらいです。
そのウイルスが100ヶくらい感染しただけで、
体で繁殖して中毒をおこすくらいです。

本当に注意して調理に取り組まないといけないですね。
予防策を徹底してやっていこうと思います。

images.png

一覧に戻る

 

News